超基本英文法・15選


 !OK が選択されているときは、Enterキー を、押してください。

 ・問題によっては、必ずしも、答えは、1つではありません。
  よりよい答えを選んでください!
  また、覚えるのが、第一義なので、そこはご寛容に!
  ただ、これが少しでも、英語理解のきっかけになればと思って作りました。


お勧め参考書:
    ①ゼロからスタート英文法 / 安河内哲也 著
      / 分からなくても、この本のせいにせず、調べましょう、、
      / これだけの 薄さ/ペラペラさ/コストパフォーマンスの高さ がすごい!
      / 語法 はともかく、文法 に関しては、Toeicレベルならほぼ完ぺきと思われます。
      / ここに出てくる英文を「理解して暗記したら」コスパは最強!ですね。

    ②英文法 どっちがどっち / 単語の品詞が分かる本
      / あの 「700選」 の 伊藤和夫 氏 の本です、、
      / 「700選」 は、完結した本では、ありません、、
      / 彼の本の まとめの一つ なのです、、
        / 「ゼロからスタート英文法」を理解出来たら、次にやるべき彼の 著作/本 をやさしめなのからやっていけば、「700選」を理解出来るという構造だと思ってください。
        / そして、理解できた時、暗記すれば、文法/構文 を忘れないためのハウツー としてとてもクールでしょう!
        / えっ、彼の英語はちょっと古い?、、ちょっと考えてください、、
        / 例えば、ちょっと普通はしない言いまわしでも、「完璧な正しい日本語の文法で」しゃべる外国人をどう思いますか?、、
        / 僕は、クールだと思いますが。
      / 初心者が/中級レベルでも 「700選」についてどうのこうの言うのは、的外れです、、この本では、それと違って、きっちりの説明 が付いています!
        / 暗記しても無意味ではありませんが、 理解できない英文を覚えるのは、 コストパフォーマンスが低すぎます!
          / 今ネットで探して読んでみましたが、そんなには難しくないですね、、
          / 暗記すべきかの判断は、「きっちり」理解出来るか?、、でしょう。
          / 「解説サイト」の利用は、ある程度自分で分析して、それが正しいかのチェックにはいいと思いますが、
          / 白紙の状態で読んでも、分かりづらいかもしれませんね。
            / これ以上ああだこうだいうのは、今の僕には早すぎるのでやめときます。
      / この本の説明を読んでみて、はじめて、彼がカリスマな理由が、分かりました、、
        / 安河内氏同様、彼も、「英文法を絶対視はしていなくて、ツールだと言っている」ところも素敵ですな♡
          / 「be busy ~ing / ~することにいそがしい」 は、多くは、「be busy (in) ~ing」 だと説明されていますが、珍しくその説明がありません。
          / これは、「熟語は、文法に対する免罪符」 ということです。
            / 文法的理解を無理やりするより、そのまま覚えたほうが「早い」のです!
          / この本で、文法的説明がない場合は、「文法は捨てましょう!」。
      / だれか、「伊藤和夫研究所」を始めてくれないかな?
        / えっ、ぼくが?、、今は無理だし、断言してしまうのは怖くて。。。
      / 彼の本を勉強するのは、「どんな英語の本や英字新聞でも」読めるようにするためです。
      / Toeicのためには、やり過ぎでしょう、、Toeicのコツの一つは、スピード(標準レベルの英文を、早く聞き取り速く読めること)だと言えます。
        / 単語なども、Toeic用 を覚えたほうがいいです。
        / もちろんToeicのためだけでなければ、長文読解などにとても役に立つでしょう。
        / 特にこの本は、よさそうです、、もう一冊買っておけば、、書き込み用と、本当に覚えたか、確認用 になりますね。
        / えっ、もったいない、、それも一理ありますが、学習時間を、「時給(≒Time is Money.)」だと考えれば、結局は安くつくと思うけどな?

      最後に、伊藤和夫氏の一番の素晴らしいと思えるところは、文章がプログラミングしている ところですね、、とてもパーソナルな好みですが。

最後の最後に、
・安河内氏によると、英語マスターのコツは2つだそうです。
  ①今、はじめること(Someday/いつか はじめる、Somedayは永遠に来ないそうです)
  ②つづけること(なるべく自分の好きなことと結び付けられるといいのですが、、なんであれ動機が必要と言うことです)

・習得にどのぐらいかかるか?
  彼でさえ10年だそうです、、しかし、今は環境が恵まれています。
  彼の場合自分で習得方法を編み出しての、10年です。
  あんまり言いたくないですが、僕は、約7年で、
  やっと、Toeic 655 です、、(2014/9/14)
  しかし、専念すれば、もっといける自信だけはあるのだ!
  えっ、言い訳?、、それはともかく、この2冊 はホント、お勧めです!